Park training

富士スピードウェイPARKトレーニング

目的

広くて安全な走行環境、繰り返し走り体と頭をリンクして行くことで、自分のドライビングスタイルとタイヤのグリッップを感じ取れる。無線を使い、リアルタイムに講師からアドバイスがもらえる。

◆MAX ORIDOスープラ同乗走行にてライン取りのレクチャー。

◆MAX ORIDO選手とプロドライバーと楽しく、ドライビング学ぶことを年間を通して定期的に開催。

◆サーキット走行に向上心ある方へ、現役プロから適切なアドバイスが貰える。

 


イベント概要

◆富士スピードウェイPARKトレーニング

◆コーチ:織戸学選手、小河諒選手、その他プロドライバー

◆場所:富士スピードウェイパーキング2
◆各自持ち物、ヘルメット、グローブ、スーツ(長袖、長ズボン)
◆9時.17時(休憩1時間昼食は各自お願い致します。)みっちり7時間の練習130R YOKOHAMA SIMでの30分無料体験練習セット付※SIMの練習時間は各自参加できる別日でOK

※各自車両と施設設備については、各自の保険で対応
◆人数:15〜20名程度
◆参加条件・現地集合、現地解散
(未成年の場合は、保護者の同意書が必要になります)・走行できる車両を持ち込める方。・ドライビングテクニックに向上心のある方

◆初回料金 34,000円(税込)

◆2回目以降 28,000円(税込)

◆詳しくはご相談ください!

 


2017年度日程

・7月4日(火曜)

・8月30日(水曜)

 

※2017年6月23日更新

 


 

トレーニング詳細内容

このドライビングトレーニングのテーマは、ずばり

「THE TIRE」

そうです!タイヤの荷重コントロールを感じて、勉強してもらたいのです。

 

いまひとつタイムが伸びない、そんな皆様に。そして、これからサーキットを楽しく走ってみたいあなたに。シミュレーターと実車では、どんなに違うのか?

サーキットを速く安全に走るためには、タイヤを感じることがとても重要です。
タイヤ以上の走りは出来ないのものなのです。
タイヤをきっちりと使う感覚を覚えて頂きたいのです。

やみくもにサーキット走行を重ねても、なかなか感じ取ることが難しいのがタイヤです。そこで、もう一度基本に戻り、安全なコースレーアウトにて、タイヤとじっくり向き合い、話し合い、感じ合い、トレーニングしていく。これが今回のテーマです。最終的には、タイヤに指令を出せるようなドライビング感覚を覚えてもらいたい。

同じポイントを繰り返し走行する事により、毎周毎周、新しい発見があるはずです。このトレーニングに慣れている MAX織戸が、責任を持って教えていきます。レクチャーには、応用講義をはじめ、トレーニングするコーナーことに無線機を使ってレクチャー致します。

特設に設定した、パイロンコースにて、「加速」、「ブレーキング」から、ブレーキをリリースしてステリングの切るタイミング、切り増すタイミング、そこからどのタイミングでアクセルを開けるのが良いのか?そんな基本的なことを徹底的に、感じてもらいます。

もしスピン OFFしても、安全なレイアウトをお約束致します。

富士スピードウェイの規約により、ブラックマークが禁止ですので、くれぐれもドリフトは禁止です。

 

・応用講座(本日の走行テーマ、考え方、を講習)

・基本技術練習(マイカー)

・講師が外から走りを見て無線でレクチャー

・同乗走行体験レクチャー・応用走行練習

 

イベント参加申込書のダウンロードはこちら

 

電話でのお問い合わせは045-595-9728